チトセ工業 (株)

ブレージング(無酸化炉中ろう付け)

金属接合技術 ”ひっつける” ことはチトセにおまかせください。

ブレージングとは?

ブレージング( brazing )=日本語で「ろう付け」と言います。金属を接合する方法である溶着の一種です。
母材金属より融点の低いろう材を還元雰囲気中で加熱溶融し毛細管現象によって、母材間隙に流入凝固 させて接合するのがブレ-ジングです。

利点

金属接合技術の中でも溶接困難な材料・異種材料・合金鋼の接合・薄肉構造・複雑な形状・小物部品などに適しています。
高精度で、しかも狭い間隙にろう材が浸透拡散されて両母材を結合しますので、気密性が高く、強度はろう材以上です。

特長

ろう材

・母材の材質および使用用途により選択可能(銅・銀・金・リン銅・ニッケル等)。

ノーフラックス

・還元雰囲気炉により母材とろう材の表面が還元され接合を促進する為、フラックスを必要とせず後処理(酸洗い・水洗)が不要。

生産性

・連続ラインにより少量多品種から自動化多量生産まで対応可能。

多点ろう付け

・自動温度管理により処理品各部の温度が均一なので、同時に数箇所のろう付けが可能。品質的にも均一です。

高強度

・接合部形状の工夫により母材と同等あるいはそれ以上の強度・靱性・耐震性・伸び等を得ることが可能。

複雑形状

・熱歪み/残留応力/母材の劣化を最小限に押さえることができ薄肉構造・複雑構造の接合が可能。

気密性

液体や気体のリークに耐え、油圧部品・ガス容器・高真空機器等にも最適。

異種金属接続

・融点の異なる金属を母材とした場合でも接合が容易。

焼入れ

・ろう材の選択により、ろう付け後の浸炭焼き入れ・ガス軟窒化等の熱処理が可能。鍍金にも適し、めっき処理も可能。

工程

接合例

車椅子用遊星ギヤ部品

・接合による金属ひずみを極限まで低減し、高強度を実現複数軸を同時接合できる為、従来工法より大幅なコストダウンを実現。

自動車部品 ウォーターパイプ

・高気密、高強度を実現。

農機具用 遠心クラッチ部品

・接合による金属ひずみを極限まで低減し、高強度を実現。

Copyright © 2008-2019 TAKATSU Corporation. All Rights Reserved.