シグマー技研 (株)

シュレッダ SGX-Cシリーズ

「シグマシュレッダ」は環境配慮とセキュリティ確保をした製品です。
スタンダードモデルSGX-Cシリーズは、静寂性と耐久性を兼ね備えた、省エネタイプ(最大約13%の省エネ達成)で、圧細細断・クロスカット方式を採用しています。
また、安全にお使いいただく為に、アフターサービスは全国32拠点のサービス代行店が行います。

特長

  • 細断効率を高めたカッタ
    長年カッタ構造の研究を突き詰めて開発したカッタを搭載。
    シグマ従来機のカッタ構造に比べ細断能力を高めるとともに、消費電力を低減させています。

  • 静寂性と耐久性を追及
    外観の部品にスチールを採用することにより、静寂性と耐久性を高めました。

  • 万全なセキュリティ対策
    圧細細断・クロスカット方式の採用で、セキュリティ機能をしっかり確保。
    さらにかさばりの少ないチップ状態を可能とし、裁断チップの収容力を高めました。

  • 省エネ・環境対策
    待機電力0W(ゼロワット)・RoHS指令適合対応しています。

  • カラーユニバーサルデザイン認証でのユーザービリティの向上

  • オートプレス搭載
    面倒な手ならし・手押し作業の大幅軽減。

  • 安全対策
    2007年9月より施行されている、改正・電気用品安全法に
    SGX-Cシリーズはすべての機種が準拠しており、安心してお使いいただけます。
    また、投入口に設定以上の力が加わった時に、自動的にカッタを停止させる
    投入口安全機構の採用や、メインパワーオートオフ機能による安全設計・ご操作を防止します。

セキュリティ対策は万全ですか?
古いシュレッダで細断した場合、
細断くずが粗かったり、切れ味が悪い等が原因で情報漏えいがおこります。
個人情報保護法施行から10年が経過し、マイナンバー制度がスタートします。
マイナンバー制度開始にともない、企業様では従業員の方やその家族から
マイナンバーを取得しなければなりません。
本人確認の為の運転免許書・健康保険証のコピーなどの身分証明書の確認が
必要な場合もあり、個人情報の取扱が増えます。
情報漏えいは依然として紙媒体によるケースが多く、マイナンバー漏れにより
厳しい罰則、社会的責任が問われます。
古いシュレッダをお使いでしたら、一度お使いのシュレッダを見直してみてください。

セキュリティ対策万全なシグマシュレッダなら、情報漏えいを確実にシャットアウトできます。

Copyright © 2008-2019 TAKATSU Corporation. All Rights Reserved.