THK (株)

免震テーブル TSD型

免震テーブルTSD 型は、床に設置するだけで機能する免震装置です。精密機器や、サーバー、美術品などに数多く採用されています。
(搭載荷重3 0 ~ 1 2 0 0 k g まで)

地震災害時に企業の中核事業を早期復旧するには「人」「モノ」「金」「情報」を可能な限り確保できるように対策しておくことが大切です。
しかし、完璧な形を導入しようとして具体的な対策が先送りになってはいないでしょうか。
大切なことはちいさくても具体的な一手を始めること。
簡単設置で地震災害から大切な財産を守れる免震テーブルの導入は、事業継承の第一手として最適な選択肢です。

特長

  • 固定工事が不要
  • 設置が容易
  • テーブル高わずか90mm
  • メンテナンスフリー
  • 連結による増設も簡単
  • 搭載重量は30~1200kg
  • 瞬時に揺れに応答
  • Trigger-A(待機時ロック機構)
    地震を感知するとトリガーが外れ、自動でロック解除。免震テーブルが動作します。
    繰返し使用が可能(作業後は手動で復帰)。
    既存の免震テーブルTSD型に後付けもできます。

Copyright © 2008-2019 TAKATSU Corporation. All Rights Reserved.