THK (株)

搬送ロボット 自律移動制御システム 『SIGNAS』

ステレオカメラと設置したサインポストを使い、日々刻々と変わる現場の状況に合わせて、軌道を修正しながら走行します。

THKが独自開発した自律移動制御システム 「SIGNAS」 を搭載した搬送ロボットです。
最大の特長は、ルートの微修正をプログラムレスで現場にて行えること。

積載150kg/牽引500kgの能力を持ち、工場や建設現場で活躍します。

現場作業者でも、搬送経路の設定が素早く簡単にできます

目印であるサインポストを移動させるだけで、ティーチング不要で、走行ルートの変更が容易にできます。

走行ルートはサインポストごとの動作を事前プログラムすることで行います。
内蔵カメラでサインポストを認識することがトリガーとなり、曲がる止まる横を通過、発信/停止などの動作を行います。

目印のサインポストを狙いの位置へ置くだけの、かんたん誘導

①サインポストのコード毎に手前で行う動作を自由に指定できます
・動作の設定(発進/ カーブ/ スピンターン/ 停止)

②サインポストからの一定の距離を走行します
・0~150cmの間で設定できます

③サインポストの大きさにより、SIGNASの走行距離(サインポスト間隔)は変わります
・15cm角の場合は、走行距離10m以内
・30cm角の場合は、走行距離20m以内

Copyright © 2008-2021 TAKATSU Corporation. All Rights Reserved.